援助米の袋に「日の丸」…漁船の帆として再利用

■詳細内容■



___________________________________

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 外務省は、アフリカ各国を紹介する「各国トピックス」と「ちょっといい話・エピソード集」を同省ホームページ(HP)で公開した。8月末に横浜市で開催される「アフリカ開発会議(TICAD)」に関心を持ってもらうためのもので、アフリカ在外公館から寄せられた豆知識が集められている。


 エピソード集によると、赤道直下の島国サントメ・プリンシペでは、日本からの食糧援助米を入れていた「日の丸」マーク入りの米袋が漁船の帆に再利用されている。各国トピックスでは、タンザニアの世界遺産「セレンゲティ国立公園」が映画「ライオン・キング」の舞台であることなどを紹介している。約40か国を取り上げているが、今後順次、増やしていく。


 TICADは1993年から日本が主導するアフリカ開発に関する首脳級の国際会議。現在は3年ごとで、前回2016年はケニアで開催された。13年の横浜開催ではアフリカから51か国が参加した。


___________________________________

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


★★管理人コメント★★

こういった話題を耳にすると、やはり心があたたまる。

援助品は無駄にはしないという強い意識の表れだろう。

援助米の袋がどのようなもので、帆に向いているのかはわからないのだけど・・・

どこぞの国とは大違いだな。


■ニュース記事のリンク■
読売新聞オンライン

Leave Comment